なぞり書き

運筆はひらがな編集の前に最適

ひらがなを書くために必要な基本的な運筆を練習することができます。「く、へ、の、よ、え」などひらがなを書くための運筆の要素を網羅しています。

楽しみながら学習しよう!

子どもが楽しみながら学習できることが大切です。「よくできたね」とほめたり、プリントにはなまるを付けたり子どもが楽しいと思うように心がけましょう。

えんぴつの持ち方はグーでもOK

えんぴつの持ち方は正しいほうがもちろん良いです。
しかし子どもにとって苦痛になるようだったら、運筆練習の時点では、持ち方の矯正よりも楽しく学習することを優先しましょう。
今はグー握りでも、今後ひらがなの練習をするときには、正しい持ち方にすることをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です